2020-07-31 20:25:00

鳥取県より「コロナウイルス感染拡大防止対策」についてお知らせです。


①業種別ガイドラインの徹底
 業種別の感染拡大防止ガイドラインに従って感染拡大防止の取り組みを推進してください。 
  【業界別ガイドライン】


②テレワーク、在宅勤務、テレビ会議等の推進
 テレワーク・ローテーション勤務・時差出勤等や、テレビ会議・オンライン会議の活用、鳥取型オフィスシステムの導入等、引き続き「三つの密」を避ける取り組みを推進してください。
※以下の県支援メニューのご活用についてもご検討ください。


社労士等の専門家派遣制度
  テレワーク、在宅勤務、時差出勤に関する就業規則等の改正相談等が可能です。
鳥取県テレワーク導入促進補助金
  国との併用でテレワーク通信機器等の導入活用可能です。
鳥取県テレワーク等導入企業支援補助金
  テレワーク等のオンライン手法の業務への活用に関心を有する県内中小企業者

 が、専門家の伴走支援を受けながら行う導入に向けた取り組みについて県が支援し

 ます。
鳥取県産業成長応援事業(生産性向上挑戦)
  テレワーク等のシステム設計料に活用可能です。
【国】働き方改革推進支援助成金(新型コロナウイルス感染症対策のためのテレワークコース)
   新たにテレワークを導入した中小企業事業主等に対して、テレワーク用通信機器

 の導入を支援します。

 

③体調の悪い方は出勤させない
 発熱等の体調不良の従業員の出勤自粛や、職場内における感染防止のための取り組みを引き続き促してください(手洗いや手指消毒、換気、複数人が触る箇所の消毒等)。また、従業員が発熱などの風邪の症状が見られる際に休みやすい環境の整備等についてもご配慮ください。

 

④大人数での会食は控えて、会議・研修会は感染防止策を取って実施すること

 

⑤接触確認アプリ「COCOA」の導入促進   
 厚生労働省の「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)」のダウンロードについて、自社従業員だけでなく、取引先企業にも推奨ください。


  
・・・・・・・・・以下、情報提供・・・・・・・・・・


○東部ワンストップセンター(鳥取県商工労働部内)

  電話:0857-26-7229(社労士予約)、0857-26-7538(行政書士予約)
○中部ワンストップセンター(鳥取県中部総合事務所内) 電話: 0858-23-3985
○西部ワンストップセンター(鳥取県西部総合事務所内) 電話: 0859-31-9637

2020-07-30 11:14:00

 

<調 査 概 要>

 

調査対象:全国約300商工会の経営指導員

 

調査時点:2020年6月末

 

調査方法:対象商工会経営指導員による調査票への選択記入式

 

 

<調査結果(産 業 全 体)>

 ◇…全業種で改善も、最悪に近い水準にとどまった小規模企業景況…◇

6月期の小規模企業の景況は、全業種で改善となり、産業全体の業況DIは大幅な改善となった。しかし、リーマンショック時の水準から抜け出せていない状況である。情報連絡員からは5月の緊急事態宣言解除を受け、徐々ではあるが客足が戻りつつあるとのコメントや新型コロナウイルス感染症対策で実施した消費喚起対策の効果が出てきたとのコメントが見られた。一方で、地域によっては解除後も客足が戻らず、この先も厳しいとする声や第2波の発生を心配するコメントが寄せられた。

 

 小規模企業景気動向調査(6月期).pdf (0.24MB)

2020-07-20 18:03:00

 

鳥取県は、全国の食品関連バイヤーが集う商談展示会「全国 食の逸品EXPO」に設置する鳥取県ブースの出展事業者を募集しています。販路拡大を目指す事業者は、ぜひご応募ください。

 

 

1 名称
  全国 食の逸品EXPO
2 日時
  
9月24日(木)10時~18時
  
9月25日(金)10時~17時
3 会場
  東京ビッグサイト 青海展示棟
  (東京都江東区青海1丁目233号)
4 主催
  全国 食の逸品EXPO 実行委員会(株式会社イノベント内)
5 募集数
  県内事業者12社 ※先着順
6 期限
  7月30日(木)正午必着
7 参考
  「全国 食の逸品EXPO」ホームページ
   https://www.ippin-expo.jp/
  鳥取県ホームページ
   https://www.pref.tottori.lg.jp/292793.htm

 

2020-07-15 18:09:00

持続化給付金申請の方法が分からない方、できない方への入力サポートを行う

「申請サポートキャラバン隊」の派遣を8月3日(月)~8月10日(月・祝)まで

予定しておりましたが、鳥取県で5例目となる新型コロナウイルス感染者が

キャラバン隊関係者であったこともあり感染拡大防止の観点から、中止とさせていただきます。

皆様には多大なご迷惑をお掛けすることとなり、大変申し訳ございません。

皆様の安全を確保することを第一に感染防止に努めてまいりますので、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

引き続き、各商工会、商工会産業支援センターにて持続化給付金についての相談をお受けいたしますので、申請についてご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

2020-07-15 17:00:00

 公募要領【第6版】が公表されました。要領、様式等は下記をご確認ください。 

  

〇小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>とは〇

 小規模事業者持続化補助金は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者等の地道な販路開拓等の取組(例:新たな市場への参入に向けた売り方の工夫や新たな顧客層の獲得に向けた商品の改良・開発等)に要する経費の一部を補助するものです。

 「コロナ特別対応型」では、新型コロナウイルス感染症が事業環境に与える影響を乗り越えるために前向きな投資を行いながら販路開拓等に取り組む事業者への重点的な支援を図ります。

 さらに、業種ごとのガイドラインに基づいた感染拡大防止の取組(事業再開枠)を行う場合は、定額補助・上限50万円を上乗せすることができ、加えてクラスター対策が特に必要と考えられる業種(特例事業者)についてはさらに上限50万円の上乗せが可能です。※事業再開枠のみの申請はできません。

 

1.補助対象者(コロナ特別対応型)

  (1)補助対象経費の6分の1以上が、以下の要件に合致する投資を行う

     小規模事業者

     A:サプライチェーンの毀損への対応

     B:非対面型ビジネスモデルへの転換

     C:テレワーク環境の整備

 

  (2)策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性

     向上)のための取組であること。

     ※「経営計画」の策定については、商工会がサポートいたします。

 

2.補助率等について

  ・補助率 :A:サプライチェーンの毀損への対応・・・2/3

        B:非対面型ビジネスモデルへの転換・・・3/4

        C:テレワーク環境の整備・・・3/4

  ・補助上限:100万円

 

 3.公募スケジュール

    公募開始:2020年 4月28日(火)
    受付開始:2020年 5月 1日(金)

  • 第1回受付締切:2020年 5月15日(金)[本会必着]
  • 第2回受付締切:2020年 6月 5日(金)[本会必着]
  • 第3回受付締切:2020年 8月 7日(金)[本会必着]
  • 第4回受付締切:2020年10月 2日(金)[本会必着]

 

4.公募要領、様式について ※2020年7月15日更新

R2補正持続化補助金<コロナ特別対応型>公募要領【第6版】.pdf

R2補正予算持続化補助金<コロナ特別対応型>様式一式.zip

R2補正持続化補助金<コロナ特別対応型>新旧対照表【第5版→第6版】.pdf

 

6.電子申請について

補助金申請システム「jGrants」を利用して申請が可能になりました。

詳細はこちらをご覧ください。

※電子申請をする場合は「gBizIDプライム」の取得が必要です。

 

7.その他

本事業の申請に際しては、地域の商工会の確認が必要となります。

事前に最寄りの商工会へご相談ください。

 

<お問い合わせ・様式の送付先>

鳥取県商工会連合会 小規模事業者持続化補助金事務局

住  所:〒680-0942鳥取県鳥取市湖山町東4丁目100番地

電話番号:0857-31-5556

 

<全国商工会連合会HP> http://www.shokokai.or.jp/jizokuka_t/

1 2